• HOME
  • 相続の流れ
  • 遺産分割
  • 遺言書の作成
  • 遺言の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続税
  • 土地の問題
  • 事務所概要
  • サービス内容と料金
  • TEL 0037-6009-6981
Home>相続税の概要・計算>税のかからない場合

相談はこちら 弁護士 前田尚一

  • 相続概要
  • はじめて相続を迎えるにあたって
  • 相続でよくあるトラブル
  • 相続人の範囲・確定
  • 相続分
  • 相続の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続相談の流れ
  • 弁護士に頼むメリット
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割の概要
  • 遺産分割協議のタイミング
  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割のポイント
  • 遺産分割協議書の書き方
  • 遺産分割協議書の注意点
  • 遺産分割協議が整わなかったとき
  • 遺言書の書き方
  • 遺言を行った方がいい場合
  • 遺言の書き方
  • 遺言の方式
  • 遺言を見つけた時
  • 嫌なら遺言は作らない方がよい!!
  • 土地の問題
  • 土地相続野基礎知識
  • 土地の評価方法
  • 土地相続の流れ
  • 相続税
  • 相続税の概要・計算
  • 相続税と弁護士
  • 課税対象
  • 税のかからない場合
  • 相続税の納税義務
  • 概要
  • 事務所概要
  • 業務内容と価格
  • 弁護士紹介
  • 相談者の声・体験談・評判

札幌 弁護士前田尚一法律事務所

札幌 債権回収・未収金対策相談

札幌 離婚・慰謝料相談

札幌 交通事故・後遺症・示談無料相談

札幌 債務整理・過払い救済無料相談

札幌 中小企業法務相談

税のかからない場合

相続税はすべての人が払うものではありません。
以下の条件によって払う人と払わなくてもいいという線引きが設定されています。
 
「相続したけどほとんどが税金で持っていかれた」
「相続しても税金が払えないから、相続を放棄した」

こんな話を聞かれた方もいるのではないでしょうか。確かに最高税率50%にもなるので、その負担感は大きなものだと思います。

相続税の計算へ

しかし、相続税がかかるのは、一定の額以上の相続財産がある場合に限られています。

この額は相続人の数によっても大きく変わって来ます。
それは以下の計算式によって計算します。

基礎控除額=5000万円+(1000万円×法定相続人の数)

※「法定相続人の数」には、相続を放棄した人も数えます。また養子については、実子がいる場合には1人まで、実子がいない場合には2人まで、カウントします。

例えば、父が亡くなりその法定相続人が妻と子供1人の場合

基礎控除額=5000円+(1000万円×2人)=7000万円

となり、父の遺産が4800万円以下であれば、相続税はかかりませんし申告も必要ありません。
また、遺産が4800万円を超えても、基礎控除額を超える部分のみが課税の対象となります。

お問い合わせ

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。