• HOME
  • 相続の流れ
  • 遺産分割
  • 遺言書の作成
  • 遺言の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続税
  • 土地の問題
  • 事務所概要
  • サービス内容と料金
  • TEL 0037-6009-6981

相談はこちら 弁護士 前田尚一

弁護士スタッフ採用

  • 相続概要
  • はじめて相続を迎えるにあたって
  • 相続でよくあるトラブル
  • 相続人の範囲・確定
  • 相続分
  • 相続の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続相談の流れ
  • 弁護士に頼むメリット
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割の概要
  • 遺産分割協議のタイミング
  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割のポイント
  • 遺産分割協議書の書き方
  • 遺産分割協議書の注意点
  • 遺産分割協議が整わなかったとき
  • 遺言書の書き方
  • 遺言を行った方がいい場合
  • 遺言の書き方
  • 遺言の方式
  • 遺言を見つけた時
  • 嫌なら遺言は作らない方がよい!!
  • 土地の問題
  • 土地相続野基礎知識
  • 土地の評価方法
  • 土地相続の流れ
  • 相続税
  • 相続税の概要・計算
  • 相続税と弁護士
  • 課税対象
  • 税のかからない場合
  • 相続税の納税義務
  • 概要
  • 事務所概要
  • 業務内容と価格
  • 弁護士紹介
  • 相談者の声・体験談・評判

札幌 弁護士前田尚一法律事務所

札幌 債権回収・未収金対策相談

札幌 離婚・慰謝料相談

札幌 交通事故・後遺症・示談無料相談

札幌 債務整理・過払い救済無料相談

札幌 中小企業法務相談

相続税の納税義務

相続税の納税義務者は、どういった人になるのでしょうか?
相続人や相続財産の所在地によって、相続税がかかったり、かからなかったりします。

居住無制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、財産を取得した時において国内に住所がある者が居住無制限納税義務者となります。
居住無制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産の全部に対し、相続税が課税されます
(海外にある資産についても相続税の対象となります。)。

非居住無制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、次に該当する者が非居住無制限納税義務者となります。

  • 財産を取得した時において国内に住所がない
  • 日本国籍を有する
  • 被相続人が相続開始前5年以内のいずれかの時に国内に住所がある

非居住無制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産の全部に対し、相続税が課税されます
(海外にある資産についても相続税の対象です。)。

制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、国内に住所がなく、非居住無制限納税義務者に該当しない者が制限納税義務者です。
制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産で日本国内にあるものに対して、相続税が課税され、海外にあるものについては、課税されません。

特定納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得しなかった者であっても、相続時精算課税により贈与されている場合には、その贈与を受けた財産については納税義務があります。

お問い合わせ

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。