• HOME
  • 相続の流れ
  • 遺産分割
  • 遺言書の作成
  • 遺言の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続税
  • 土地の問題
  • 事務所概要
  • サービス内容と料金
  • TEL 0120-481-744

相談はこちら 弁護士 前田尚一

弁護士スタッフ採用

  • 相続概要
  • はじめて相続を迎えるにあたって
  • 相続でよくあるトラブル
  • 相続人の範囲・確定
  • 相続分
  • 相続の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続相談の流れ
  • 弁護士に頼むメリット
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割の概要
  • 遺産分割協議のタイミング
  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割のポイント
  • 遺産分割協議書の書き方
  • 遺産分割協議書の注意点
  • 遺産分割協議が整わなかったとき
  • 遺言書の書き方
  • 遺言を行った方がいい場合
  • 遺言の書き方
  • 遺言の方式
  • 遺言を見つけた時
  • 嫌なら遺言は作らない方がよい!!
  • 土地の問題
  • 土地相続野基礎知識
  • 土地の評価方法
  • 土地相続の流れ
  • 相続税
  • 相続税の概要・計算
  • 相続税と弁護士
  • 課税対象
  • 税のかからない場合
  • 相続税の納税義務
  • 概要
  • 事務所概要
  • 業務内容と価格
  • 弁護士紹介
  • 相談者の声・体験談・評判

札幌 弁護士前田尚一法律事務所

札幌 債権回収・未収金対策相談

札幌 離婚・慰謝料相談

札幌 交通事故・後遺症・示談無料相談

札幌 債務整理・過払い救済無料相談

札幌 中小企業法務相談

相続の放棄

「相続の放棄」は、家庭裁判所でしなければならない手続であり、しかも、相続開始を知ってから3か月以内という制限があるのが原則です(例外的措置もありますが、一定の制限があります。)ので、ご注意ください!!

  • 「亡くなった親に、今まで知らなかったのですが借金がありました。少しプラスの財産もありますが、借金を背負いたくはありません。どうしたらいいのでしょうか?親がなくなって半年経つのですが、大丈夫ですか。」
  • 「夫が亡くなり、私と息子が残されました。でも、息子には多額の借金があるのです。息子が相続すると夫が苦労して残した遺産を借金返済に使われてしまいます。息子に相続しないようにできないのでしょうか?」
  • 「父が亡くなりました。私は、生前、兄から相続を放棄しますという書類にサインさせられていたのですが、相続できないのでしょうか。」

相続人(相続する人)が被相続人(相続される人)の債務を免れるための方法としては、「相続の放棄」という手続があります。
「相続の放棄」とは、相続による権利義務の一切を承継しないこととする意思表示です。
「相続財産」は、プラスの財産(積極財産・権利)だけではなく、借金などのマイナスの財産(消極財産・義務)を含みます。マイナスの財産の方が多い場合には、「相続の放棄」することによって、被相続人の借金の支払を免れることができるのです。

ただ、「相続の放棄」という言葉を誤解している方が少なくありません。他の相続人との間で、自分が相続しないとか、自分は債務を引き継がないと合意すれば、「相続の放棄」となると誤解しているのです。
しかし、相続人の間での合意は、「遺産分割協議」といわれるもので、実は「相続の放棄」とは法的意味、効力が違います。「遺産分割協議」では、期待した効力が生じないので注意が必要です。
そして、「相続の放棄」は、家庭裁判所への申述という手続をしなければならないのです。

なお、逆に、被相続人にはプラスの財産がある場合けれど、借金を負っている相続人には相続させたくないというような場合もあります。
そのような相続人が相続すると、債権者に遺産をとられる結果となるからです。
これを避けるには、その相続人が「相続の放棄」をする必要があります。この場合も、「遺産分割協議」しても、防御措置にはならないので注意が必要です。

しかも、相続放棄の申述ができる期間は法律で決まっていることに注意しなければなりません。相続開始を知ってから3か月以内(「熟慮期間」といいます。)に家庭裁判所に申述しなければならないのです。
なお、被相続人が死亡したことを知った後3か月を超えてから、被相続人に借金があることが判明したような場合などについて、例外的措置がとれる場合があります。安易にあきらめず相談ください。

このように、「相続放棄」をするかどうかを判断するため、相続開始から3か月以内に相続財産がプラスなのかマイナスなのか明確にしなければならないのが原則です。

しかし、相続人に多額の借金があることは明らかだけれど、生前に消費者金融などから高金利で借金をしており、過払金が発生している可能性があるといった場合もあります。多額の不動産があるが、多額の借金もあるらしいということ場合もあります。

そして、そのような場合には、債務内容の調査を慎重に行う必要であり、3か月の熟慮期間では足りず、家庭裁判所に熟慮期間伸長の申立てができる場合があります。この申立ては当初の熟慮期間内にしなければならないので、注意してください。

最終的にマイナスとなることがはっきりすれば、相続の放棄をするのが賢明ということになりますが、一定の調査をしても、プラスになるのかマイナスになるのか判断がつきかねるという場合があります。
そのような場合であれば、「相続の限定承認」という手続もあります。

相続の放棄といっても、できるだけ早い段階でご相談され、相続放棄の申述をするかどうか、相続の限定承認も想定に入れていくかどうか、熟慮期間伸長の申立てをするかどうかどんな流れで進めていくのがよいか、ことをお勧めします。

お問い合わせ

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

 内容をご確認の上チェックを入れてください

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。