• HOME
  • 相続の流れ
  • 遺産分割
  • 遺言書の作成
  • 遺言の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続税
  • 土地の問題
  • 事務所概要
  • サービス内容と料金
  • TEL 0120-481-744

相談はこちら 弁護士 前田尚一

弁護士スタッフ採用

  • 相続概要
  • はじめて相続を迎えるにあたって
  • 相続でよくあるトラブル
  • 相続人の範囲・確定
  • 相続分
  • 相続の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続相談の流れ
  • 弁護士に頼むメリット
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割の概要
  • 遺産分割協議のタイミング
  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割のポイント
  • 遺産分割協議書の書き方
  • 遺産分割協議書の注意点
  • 遺産分割協議が整わなかったとき
  • 遺言書の書き方
  • 遺言を行った方がいい場合
  • 遺言の書き方
  • 遺言の方式
  • 遺言を見つけた時
  • 嫌なら遺言は作らない方がよい!!
  • 土地の問題
  • 土地相続野基礎知識
  • 土地の評価方法
  • 土地相続の流れ
  • 相続税
  • 相続税の概要・計算
  • 相続税と弁護士
  • 課税対象
  • 税のかからない場合
  • 相続税の納税義務
  • 概要
  • 事務所概要
  • 業務内容と価格
  • 弁護士紹介
  • 相談者の声・体験談・評判

札幌 弁護士前田尚一法律事務所

札幌 債権回収・未収金対策相談

札幌 離婚・慰謝料相談

札幌 交通事故・後遺症・示談無料相談

札幌 債務整理・過払い救済無料相談

札幌 中小企業法務相談

遺産分割

  • 「兄は、生前、親のお金で大学に行かせてもらい、その後大手の会社に就職しています。しかし私は、農業を半分強制的に継がされ、親の面倒もずっとみていたので、兄よりも大変な思いをして暮らしてきたと思っています。そんな兄が私と相続分が平等だと主張するのは納得できないのですが・・・」
  • 「父が亡くなったら、突然、叔父叔母が押し寄せてきたのです。」
  • 「亡くなった父には子供がいたんです。」
  • 「遺言書はあるが、内容がどうしても納得できないんです。なんとかなりませんか?」
  • 「遺言書ができた時に、母はすでに認知症になっており、遺言書は偽造したのではないか疑いを持っています。その遺言書は無効になりますか?」
  • 「前妻の子が平等だと主張しています。ずっと、母が父を手伝ってきたのに。納得できません。」
  • 「親の会社を引き継ぎ、大きくさせたのは私だと思っています。それなのに兄弟みんな平等というのはおかしいのでないでしょうか?」
  • 「兄弟全員から無理やり遺産分割協議書に判を押せと迫れています。どうしたらいいのでしょうか?」

人(被相続人)が死亡すると相続が開始します。

相続については法律の規定があり(「法定相続」)、相続人が、被相続人の権利義務、つまり、遺産と呼ばれる財産(プラスの財産だけではなく、借金等のマイナスの財産も含む。)を承継します。

しかし、法律の規定によって、特定の遺産(相続財産)の相続先が特定の被相続人に自動的に確定するわけではありませんし、誰かが名義変更をしてくれるわけではありません。

個別具体的に各相続人に帰属させるための手続は、次のように、遺言がある場合とない場合で、法的な流れが変わります。

遺産分割は、原則として、相続人間で話合い、相続人の確定遺産の範囲の確定・評価のうえ、各相続人の取得価額(割合)を決めて、各遺産の帰属先を決めることになります。
話合いによる遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所裁判所の手続(調停審判)をしなければならないことになります。

遺産分割

遺産分割協議のタイミング遺産分割の方法遺産分割のポイント
遺産分割協議書の書き方遺産分割協議書の注意点遺産分割協議書が揃わなかったとき

お問い合わせ

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

 内容をご確認の上チェックを入れてください

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。