• HOME
  • 相続の流れ
  • 遺産分割
  • 遺言書の作成
  • 遺言の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続税
  • 土地の問題
  • 事務所概要
  • サービス内容と料金
  • TEL 0037-6009-6981

相談はこちら 弁護士 前田尚一

  • 相続概要
  • はじめて相続を迎えるにあたって
  • 相続でよくあるトラブル
  • 相続人の範囲・確定
  • 相続分
  • 相続の放棄
  • 相続の諸手続
  • 相続相談の流れ
  • 弁護士に頼むメリット
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割の概要
  • 遺産分割協議のタイミング
  • 遺産分割の方法
  • 遺産分割のポイント
  • 遺産分割協議書の書き方
  • 遺産分割協議書の注意点
  • 遺産分割協議が整わなかったとき
  • 遺言書の書き方
  • 遺言を行った方がいい場合
  • 遺言の書き方
  • 遺言の方式
  • 遺言を見つけた時
  • 嫌なら遺言は作らない方がよい!!
  • 土地の問題
  • 土地相続野基礎知識
  • 土地の評価方法
  • 土地相続の流れ
  • 相続税
  • 相続税の概要・計算
  • 相続税と弁護士
  • 課税対象
  • 税のかからない場合
  • 相続税の納税義務
  • 概要
  • 事務所概要
  • 業務内容と価格
  • 弁護士紹介
  • 相談者の声・体験談・評判

札幌 弁護士前田尚一法律事務所

札幌 債権回収・未収金対策相談

札幌 離婚・慰謝料相談

札幌 交通事故・後遺症・示談無料相談

札幌 債務整理・過払い救済無料相談

札幌 中小企業法務相談

相続問題でお困りの方。解決のために、まずは、以下をご一読ください。
相続問題にお悩みですか?
  • 遺言書があれば、そのとおり分割する
  • 遺言書があっても、場合、遺留分を請求することができる。
  • 遺言書がない場合は、法律の定めた相続人の中で、法律の定めた割合で分割すればよい。

一見すると、法律が定めた相続問題の解決ルールはいたってシンプルです。
しかし、相続問題の解決の実際は、そう簡単ではありません。

相続問題は、財産、お金が絡んでいるということだけで難しいのに、長年互いに我慢していた相続人の感情が一気に現れ、あっという間に泥沼化したという事例も多々あります。そして、そのまま長期化することもあるのです。

相続は、「争続」といわれることもあるほど、一族は、自分の利益や感情から紛糾すること少なくないのです。

  • 遺産分割を有利に解決したい
  • 相続放棄をして、不利益を免れたい
  • 登記や名義変更など面倒な相続手続をしてほしい
  • 希望を叶えるための遺言書を作成したい

人々が相続問題に直面した時、よく思う事は以下のようなものがあるのではないでしょうか?

遺産分割について遺産分割サービス内容と料金

  • 「遺言書はあるが、内容がどうしても納得できないんです。なんとかなりませんか?」
  • 「遺言書ができた時に、母はすでに認知症になっており、遺言書は偽造したのではないか疑いを持っています。その遺言書は無効になりますか?」
  • 「兄は、生前、親のお金で大学に行かせてもらい、その後大手の会社に就職しています。しかし私は、農業を半分強制的に継がされ、親の面倒もずっとみていたので、兄よりも大変な思いをして暮らしてきたと思っています。そんな兄が私と相続分が平等だと主張するのは納得できないのですが・・・」
  • 「親の会社を引き継ぎ、大きくさせたのは私だと思っています。それなのに兄弟みんな平等というのはおかしいのでないでしょうか?」
  • 「兄弟全員から無理やり遺産分割協議書に判を押せと迫れています。どうしたらいいのでしょうか?」

遺産分割を有利に進めたいとお考えの方は是非ご相談ください。

相続放棄について相続の放棄サービス内容と料金

  • 「亡くなった親に、今まで知らなかったのですが借金がありました。少しプラスの財産もありますが、借金を背負いたくはありません。どうしたらいいのでしょうか?」

相続にて受け継ぐ財産はプラスのものだけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。
相続を放棄するには、家庭裁判所に対し、相続の放棄の申述を求める手続をしなければなりません。

相続を放棄して不利益を免れたいとお考えの方は、前田尚一法律事務所にご相談下さい。

面倒な相続手続について相続の諸手続サービス内容と料金

争いはなくとも、手続が面倒な事もよくあります。通常頻繁に行う手続ではないため、どのような手続が必要か判らないことも多々あります。

不動産、預金、……、亡くなった後に個人の名義を変更しなければならないこともたくさんあります。また、場面は全然違いますが、突然、母に今まで会った事もない弟がいたことが判明し、探し出して印鑑をもらわなければ、不動産の名義を変更できない場合もあります。

このような面倒な仕事ももちろん引き受けますので、お気軽にご相談下さい。

希望を叶えるための遺言書を作成したい遺言を行った方がいい場合サービス内容と料金

  • 「子供達は仲が悪いので、遺産分割について、あらかじめ決めておきたい。」
  • 「会社は、自分の子供たちではなく長女の婿に継がせたい。」
  • 「会社は、次男にだけは渡したくはない。」

かなり急増している遺言書の作成は歳をとってからだけでなく、元気なうちに準備をしておくことも大切です。遺言書の作成をしたいとお考えの方は是非お気軽にご相談ください。

お客さまの声

お客様の声

お問い合わせ

遺言・相続についてのご相談は前田尚一法律事務所へ

相続の紛争は最終的には家庭裁判所で行われることになりますが、調停・審判といった家庭裁判所手続において、弁護士のみがの代理人と認められます。

また、代理人として他の相続人と交渉することができるのも弁護士だけです。
遺言・相続問題の解決には、家庭裁判所まで行かない場合であっても、家庭裁判所の処理の仕方、裁判官の考え方を実体験から熟知している弁護士の経験を最大限に生かすのが有効です。

事務所スタッフ

当法律事務所は、「法律は知ってる者に味方する。」を信念に、20年を超える信頼と実績で相続問題の解決をお手伝いいたします。

私たちスタッフ一同丁寧な対応を心掛けています。

[初回無料]相続法律相談はこちらから
更新情報

2011.11.15

札幌 相続・遺産分割・遺言相談リリースのご案内

札幌 相続・遺産分割・遺言相談がオープン致しました。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。